コンタクトレンズの寿命

ついに買ってしまいました。

新しいコンタクトレンズ。

いやー、わかってますよ、こんな高いお買い物をしてはいけないと・・・。でもあまりにも目の調子が悪いし、すぐ痛くなるし、実はめがねのフレームも壊れていて、片方のレンズが抜けかけているという、そんな状態が3年以上も続いたんです。アメリカではコンタクトは怖くて買えなかったし、めがねは・・・何とかなってたしで、結局自分の目を傷つけ続けてきました。

もともと視力がすごく悪くって、最近ではさらに見えにくくなってきたので、「これって・・・失明とかしちゃうのかな・・・」と、ちょっとビビッていたのです。で、今は収入がないので、金銭的には厳しかったのですが、また短期にせよ留学するとなると、買う機会を逃してしまうということで、眼科での診察と一緒に買ってしまいました。

今まで使っていたのがHOYAの定番のもの。今回は1ランクアップさせて、レンズの周りが薄くなっているものにしてみたんです。新しいからというのもあるかもしれませんが、これがすーっきり目にあって、すごく楽!視界もクリアに広がります。酸素透過性もいいはず。前のものがよっぽど傷ついていたのかな・・・。

眼科の先生に、コンタクトってどれくらいで買い換えるべきなんですか?と聞いてみると、先生は4年くらいが限度じゃないかな?とおっしゃっていました。私が今まで使っていたのって・・・15年くらいなんですが・・・。(汗)そりゃ、視界も悪くなるわ・・・。着用は10時間くらいといわれていても、仕事の関係で、平気で長時間したり、つけたまま寝たりしたこともあり、相当キズやヨゴレがついていたようです。

これからは、めがねとコンタクトの両方をうまく使いこなして、目を大切にしなければ・・・。

今はソフトが主流のようですが、自分はハードのレンズを使用しています。
ハードは・・・ゴミが入ったときは、とにかく痛いですが、お手入れはわりと簡単かと思います。
よごれが着かないように、気をつけて洗浄していこうっと。

ということで、大金を費やしてしまいましたが、これで一つ心配事はなくしました。

次は、新しいめがねです。こちらは、仕事が見つかってからにしたい・・・。(笑)
[PR]
by sillyr | 2009-11-07 15:22 | thoughts


Northです。2002-2009年:アメリカCA州に大人留学。2009年-2010年:台湾に語学留学。現在台湾にいますが、普段日本語と英語を使っているため、せっかく覚えた中国語が忘れ気味。夢は札幌に住むこと。


by sillyr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

今年はアメリカ行きます!
at 2014-02-23 00:55
久しぶりの更新です。
at 2013-01-20 13:57
秋が来ましたね。
at 2012-10-26 15:49
中国語スカイプレッスン
at 2012-08-03 14:59
友達との再会
at 2012-04-06 23:25

カテゴリ

全体
台湾(生活編)
台湾 (食べ物)
台湾(留学編)
American Life
thoughts
movie
music
drama
work
restaurant
travel
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ライフログ

I am reading now!
The World Is Flat: A Brief History Of The Twenty-First Century

Finished reading...
「知の衰退」からいかに脱出するか?

幸福な食卓

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)

日本の音―世界のなかの日本音楽 (平凡社ライブラリー)

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

知の旅への誘い (岩波新書 黄版 153)

音楽―展望と批評〈1〉 (朝日文庫)

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
語学

画像一覧