手をつなぐ習慣

台湾行きのチケットを探していた際に、何だか無性に旅行にいきたくなった。しかもそのタイミングで、友達のFacebookに、香港旅行の写真がアップされていて、昔、毎年行っていた香港にも行きたくなってしまった。

そういえば、何度か行ったことのある香港を懐かしんでいたら、ふと不思議な体験を思い出した。

一度香港に遊びに行ったとき、ネットで知り合った香港人とミニオフ会をすることとなった。知り合い自体は男性なのだが、同じ香港人の彼女も連れてくるという。初めて会うので緊張したが、ホテルのロビーで2人と会い、その後ホテルの近くで食事をすることとなった。食事はなぜかインド料理だったが、とっても美味しく、楽しいひとときを過ごした。

さて、食後のことである。出発する前にトイレに行こうと思い、席をたってレストランの外にあるトイレへと向かった。そこに、その彼女が後から走ってきて、ふと私の手を握ったのである。

ん???

ちょっと驚いて、彼女の顔を覗き込んだが、向こうは「一緒に行こう」といい、ニコニコしながら私の手を引っ張る。

いったいどうすれば・・・!?(汗)

初対面で、しかも女性。相手はティーンでもなく、20代中ごろの、自分と同じような年。この年で手を握るなんて、かなり「妙」な感じだ。

レストランへと戻るときも、また手を握られた。

戻る途中、不思議な思いで頭がいっぱいだったが、何気なく周りにいる人々を見渡してみると、女性同士で手をつないでいるグループをよく見かけた。子供同士だけではなく、大人の女性たちも手をつないでいるではないか!

そこでやっと、これは友情の印、そしてある意味プロテクションも兼ねた行動なのか、と納得したのだ。

そう気づいて以来、人ごみの中で見かける手をつないだ女性グループはなんとも初々しく感じてならなかった。小さい頃に友達と手をつないで遊びに行った思い出などが急に浮かんできたりする。そんな懐かしい気持ちをよみがえらせてくれた。

この習慣は今でも続いているのか、いつか近いうちに香港に行って確かめてみたいと思う。
[PR]
by sillyr | 2009-11-09 11:42 | thoughts


Northです。2002-2009年:アメリカCA州に大人留学。2009年-2010年:台湾に語学留学。現在台湾にいますが、普段日本語と英語を使っているため、せっかく覚えた中国語が忘れ気味。夢は札幌に住むこと。


by sillyr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

今年はアメリカ行きます!
at 2014-02-23 00:55
久しぶりの更新です。
at 2013-01-20 13:57
秋が来ましたね。
at 2012-10-26 15:49
中国語スカイプレッスン
at 2012-08-03 14:59
友達との再会
at 2012-04-06 23:25

カテゴリ

全体
台湾(生活編)
台湾 (食べ物)
台湾(留学編)
American Life
thoughts
movie
music
drama
work
restaurant
travel
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ライフログ

I am reading now!
The World Is Flat: A Brief History Of The Twenty-First Century

Finished reading...
「知の衰退」からいかに脱出するか?

幸福な食卓

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)

日本の音―世界のなかの日本音楽 (平凡社ライブラリー)

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

知の旅への誘い (岩波新書 黄版 153)

音楽―展望と批評〈1〉 (朝日文庫)

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
語学

画像一覧